くるぶしの黒ずみを重曹で綺麗にしよう

夏になると女性はくるぶしなどの黒ずみが気になりますね。
くるぶしなどにできる黒ずみは古い角質が厚くなってしまい、皮膚に発生したメラニン色素が原因と言われています。
その黒ずみを身近な重曹でお手入れして綺麗にしましょう。
重曹聞いたことありますよね。
よくお掃除などに良いといわれていて、市販で安価で売っています。重曹は炭酸水素ナトリウムの事です。
用意するものは水、普段使っている化粧水と保湿クリームだけです。
まずは重曹大さじ1と水小さじ1で混ぜ合わせます。
気になるくるぶしの黒ずみの部分に塗って、指でくるくると円をえがくように軽くマッサージします。
よく洗い流した後、柔らかいタオルで水分を優しく拭き取ります。
角質のお手入れ後はお肌が敏感になっているのでごしごし擦るのはやめましょう。
その後、たっぷりの化粧水と保湿クリームでケアーします。
月に1~2回のペースで行ってください。1度や2度で黒ずみが取れる事はないでしょうけれども、硬くなった古い角質を何度かお手入れする事によって黒ずみが少しずつ気にならなくなってくるでしょうけれども、個人差があるのですぐに綺麗になるとは限りません。
早く綺麗にしたいからといって、ごしごし擦ったりするのはやめましょう。肌に炎症を与え逆効果です。
自宅で安く黒ずみを綺麗にするには気長にしましょう。