自動車の売却先はどこがいい?

オークションでの相場を参考に

まずは自動車買取業者の違いと買取後の自動車の行方についてお話します。
買取業者には買い取った後にユーザーに販売しない買取専門店、ユーザへの販売も取り扱う買取販売店の二種類があります。
買取専門店へ売った車は、オークションに掛けられたり、古い車の場合は解体して部品だけを販売する業者もあります。
一方買取販売店は、そのまま中古車として販売しますが、オークションに出すことも。
オークションに掛けられる場合、リアルタイムに取引価格の相場がわかるため、買取価格も適正なものに近づけることができるというメリットがあります。
市場で人気のある車種であれば高値が付くこともあるわけですね。
走行距離や値段の割に状態がいいため日本の中古車は海外でも人気が高く、輸出されることも多いのです。

もしかしたら希少価値のある車かも

買取店の中には特定の種類の車に強いところもあり、相場よりも高い買取価格が提示されることもあります。
解体して部品を販売することを専門にしている場合は、パーツの価値で買取価格を決定しますので、レアな車種やパーツの場合はそちらの方がより高価買取を期待できるのです。
年式が古いからもう下取りも大して期待できないと諦める場合でも、意外な結果が出る可能性もありますので、調べてみても損はしないでしょう。
車のオークションは業者だけが会員になれるため、一般人が価格を知るには業者にお願いするしか方法がありません。
いくつかの買取店へ同時に見積もりを出してみると比較がしやすく、自分の車の現在の価値を知ることができるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る