くるぶし黒ずみの原因と黒ずみケア解消

くるぶしの黒ずみが出来る原因とは

いつの間にはくるぶしが黒ずんでいた・・という方も多いのではないでしょうか。
実はくるぶしは体の中でも、黒ずみやすいパーツです。
くるぶしの黒ずみが出来る原因としては、正座が挙げられます。
正座をすると、くるぶし部分が圧迫されてしまいますが、この圧迫によって黒ずみが起こるのです。
人間の皮膚は摩擦や圧迫されると、その部分にメラニン色素が大量に作られます。
メラニン色素は肌のターンオーバーという作用によって、自然と排出されるのですが刺激が加わり続けると、排出が間に合わなくなり黒ずみとなってしまうのです。
正座を長時間すればする程、メラニン色素が作られ黒ずみが出来やすくなります。
また、くるぶしは古い角質が溜まりやすい事もあり、黒ずみになりやすいパーツです。
顔はしっかり保湿などスキンケアを行いますが、くるぶしとなると多くの方はお手入れしないでしょう。
肌が乾燥すると古い角質が溜まりがちです。
すると、ターンオーバーが低下したり、古い角質によってくすみ黒ずみとなります。
この他にも血行不良によっても、黒ずみが起こりやすいようです。
特に足先は血流の流れが悪くなり、新陳代謝が低下する事によって黒ずみが出来やすいと言われています。

くるぶしの黒ずみをとる方法について。

くるぶしが黒ずんでいるとせっかくのサンダルも綺麗に履きこなせないと落ち込んでしまうこともあります。
くるぶしなどの骨の出ている部分は摩擦しやすく黒ずみやすい部分でもあります。ほかにも乾燥や紫外線なども受けやすいため黒ずんでしまいます。
厚くなってしまった古い角質とメラニン色素が黒ずみになってしまいますが、くるぶしの黒ずみをとる方法はこれらを除去することで改善することができます。
具体的な方法としては、古い角質を除去するためのお手入れが必要です。おすすめの方法として重曹でのできる簡単な方法があり、食用重曹と水、化粧水、保湿クリームを用意します。重曹に水を加えてペーストを作り、くるぶしの気になる部分に塗っていきます。指の腹で円を描くように優しくマッサージしていき、洗い流します。タオルで水気を拭いたら、化粧水で保湿をして保湿クリームで保護します。これを月に1?2回行なうことで徐々に改善していきます。
また、日頃のケアとして靴下やタイツなどで素肌を摩擦から避けるようにして、毎日顔と同じように保湿を行ない、日焼け止めを塗って素肌の露出を避けることがおすすめです。
内側からケアするためにも良質な睡眠をとり、血行を良くしてバランスのとれた食事を心がけます。

くるぶしの黒ずみは保湿クリームで改善

夏場は肌の露出が多くなる時期でもあります。普段は意識しなくても、露出が多くなると気になり始めるのが、肌の黒ずみです。足元の黒ずみは普段はそれほど気にしないということが多いだけに、一度気になってしまうと、そればかりに気を取られるということも多いようです。
くるぶしは、サンダルなどを履いた場合に、擦れやすい部分でもあるため、適切な黒ずみケアが必要になります。自宅で簡単にケアすることが出来るアイテムとして、ケアクリームがあります。角質が厚くなることを防ぎ、乾燥を改善させる効果のある成分のあるクリームを選ぶことにより、徐々にくろずみが改善されていきます。特に、黒ずみの原因が肌の乾燥にある場合には、保湿成分の配合されている製品を選ぶようにすると良いでしょう。
様々な製品がありますのでどれを選べば良いか分からないという人も少なくはありません。そのような人におすすめなのが、実際に使用したことのある人の口コミや体験談を参考にするということです。使用感や使用後の効果について知ることが出来ますし、各製品の特徴を比較することが出来ますので、最適な一つを選ぶことが出来るでしょう。口コミや体験談については、インターネットで見つけることが出来ます。